FXは投資スタイルを決めておく

FXは投資スタイルを決めておく

曖昧な状況でFXを行うことほど危ないものはありません。取引をするのならば、しっかりと自身の立ち位置を理解しておかなくてはいけません。つまり、投資スタイルを確立させておく必要があるのです。投資で一番やってはいけないことは、あれもこれもと色々な取引に手を出して中途半端な状況を作り出してしまうことです。例えば、FXではレバレッジというシステムがありますし、スワップ取引というやり方もあります。両者は同じFXの中の一つの取引のあり方なのですが、その中身は全くの別物なのだということを理解できるでしょうか。レバレッジというのは、投資としてはやや不向きでどちらかと言いますと投機の意味合いが強いのです。ですので、短期間の内に利益を出すことを目的とするのならば、投機に近いレバレッジをやることがよいということになります。デイトレードはその典型でしょう。これに対して、スワップ取引というのは金利差を活かした取引なのですから、最低でも1年近くの長期的な観点で取り組んだほうが賢明です。すぐに大きな利益が欲しいわけではなく、徐々にその利益を増やしたいと考える方には合っている取引だと言えます。このように、投資スタイルによって見えてくるFXのあり方も根本的に変わってくるわけです。ですので、まずは投資スタイルを確立させてFXに臨むようにしましょう。

FXで勝つためには瞬時の判断が必要となり、判断を待っていると大きな損失となる危険性もあるので、あらかじめマイルールを決めておかなければなりません。 これからFXをしようと思っているFX初心者であればどのようなルールを作ればいいのか分からないかもしれませんが、ダメおやじさんのFXブログなどでは FX口座比較からトレード手法についても説明されているので注目です。

Copyright(c)2013 FXは投資スタイルを決めておく All rights reserved.